読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も日曜日

毎日日曜だったらいいな。今日も日曜の気分で綴ります。

旅猿はやっぱり旅に出てほしい

テレビ

旅行に行っていたため、旅猿の「その腕前おみそれしました…神保町・焼きそばの匠」を先ほどやっと見ました。

以下敬称をすべて省略していますのでご容赦ください。

「門前仲町・天ぷらの匠」に比べたら、東野・岡村のトークはいつもの感じに戻ってきたのかなと少しだけ安心しました。

やはり天ぷらの匠が巨匠過ぎたため、東野・岡村が遠慮し過ぎていたのかなと、今回の放送を見て思いました。

しかし、今回の放送で「その腕前おみそれしましたシリーズ」は、東野・岡村の自由奔放なトークや行動は、どうしても期待できないことを改めて確認させられました。

このシリーズは、「様々な分野で第一線で活躍する人の腕前を拝見 堪能する」というコンセプトであるため、番組で紹介する匠の腕前がすばらしいという前提は崩せず、東野・岡村はおいしい、たくさん食べてしまうなどといったポジティブなコメントしかできないのです。

今回の放送で東野・岡村のトークで旅猿らしい自由奔放さが出た場面は、つっつんさんらスタッフへの絡みのみだったことが、このシリーズの限界を感じます。

「その腕前おみそれしましたシリーズ」はこのままだと単なる情報番組になり下がってしまうのではないかと懸念しています。

旅猿ファンが期待しているのは、やはり先の読めない非常識なハチャメチャな展開ではないでしょうか。

旅猿にはやはり旅に出てほしいと思います。

 

 インドシリーズは本当にサイコーだった。。

 

それでは、また日曜に!