読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も日曜日

毎日日曜だったらいいな。今日も日曜の気分で綴ります。

海外旅行で観光するならこのバスをオススメしたい

私は正直言って旅行が好きではありません。

それでも、イギリスに1年滞在している間は、ヨーロッパの各国にできるだけ旅行に行くようにしていました。

私が住んでいたのはイギリスの地方都市であったため、どこに行くにも一度ロンドンに行くという過程が加わるので、決してアクセスに恵まれた環境ではありませんでした。

しかし、それでもロンドンまで行けば、飛行機や電車に乗って2時間程度でヨーロッパ各国に行けるので、これを利用しない手はありませんでした。

というか、この環境で旅行に連れて行かないとなると、ツレに最後通牒を突き付けられる可能性がありました。

それでは、私がなぜ旅行が好きではないか?

それは、計画を立てるのがめんどくさい、歩き回るのが疲れる、外国にそんなに興味がない、お金がもったいないなどといったところでしょうか。

しかし、こんな私でも一年間各所に旅行に行く間に、自分なりの答えを見つけることができました。

私の答えは、↓これです。

http://edinburghtour.com/images/uploads/City-Sightseeing-Carouselv2.png

(City Sightseeing Tourより)

これは、ホップ・オン・ホップ・オフ・バス(Hop on Hop off Bus)なるものです。

このバスは、各国の主要都市で各観光スポットを結ぶルートを走っており、チケットを持っていれば乗り降りが自由で、二階は屋根がないので、バスに乗りながらにして観光ができてしまうという、まさに怠け者の観光にはうってつけの存在です。

しかも、オンシーズンなら10~15分くらいの間隔で運航しているので、まさに文字通り乗り降り自由という感じです。

例えば、ロンドンならばルートはこんな感じです。

f:id:ichikawa_ken:20160708045036p:plain

(Big Bus Toursより)

ロンドンの主要な観光スポットであるビッグベン(国会議事堂)、ロンドン塔、ロンドン橋、バッキンガム宮殿などのみならず、幅広く観光スポットを網羅しているのがわかると思います。

これさえ乗っておけば、ロンドンの観光スポットは漏れなく網羅できます。

あとは気になる施設の近くで降りて、見学すればいいだけです。

もしツレさえ許せば、このバスに乗ってるだけでも十分満足の行く観光ができます。

まじめな話、その都市の最も有名な観光名所をいくつか回るよりも、このバスに乗って、その都市全体を巡った方が、その都市の雰囲気を理解できると思います。

“木を見て森を見ず”という言葉がありますが、そんな事態は確実に避けられます。

(「森は見たけど、木を見なかったね…。」っていうことはよくおきますが…。)

事前に詳細な計画を立てる必要もなく、迷いながら歩き回って疲れることもなく、仮にどこも見学しなくても、バスに乗ってるだけでその都市を十分に観光したという満足感を得ることができるって素晴らしいと思います。

特に私は、元気モリモリ、夢がモリモリの若者ではなく、ある程度年齢を重ねた中高年の方の観光にオススメだと考えています。

値段に関しては、1人2,500~4,000円くらいなので決して安くはないですが、1日乗り放題なので許容できる範囲だと思います。

お目当ての観光スポットに公共交通機関を利用して移動すると、結構出費が重なるものだし、このバスなら、“どこの駅から乗って、どこで乗り換えて…”、なんてことも考える必要がないので、本当にラクでいいと思いますよ。

私はこのバスのすばらしさを理解してからは、どこに行ってもこのバスを利用しています。

このサービスは、ヨーロッパの主要都市はもちろんのこと、北米、南米、アフリカ、アジアまで進出しています。

そうなると、日本にはどうしてこのサービスがないのかなって思います。

考えられる点としては、例えば東京などは渋滞が多いので、こういったバスを運行させようにも、うまく10分間隔とかで巡回できないのかなと思います。 

ただ、ロンドンでも渋滞に巻き込まれるルートはあるので、考え方次第のような気がします。

むしろ、渋滞を引き起こす存在として嫌がられているのかも。

でも、このバスが日本でも走ってれば、外国人観光客には本当に便利だと思うんですけどね。

日本を訪れる外国人観光客をおもてなしするためにも、日本でこのバスを運行させてはいかがでしょうか?

 

それでは、また日曜に!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

皆さまにご購読いただくのが最も励みになります。

よかったら読者登録、ツイッターのフォローをお願い致します!

 

ichikawa-ken.hatenablog.com

ichikawa-ken.hatenablog.com

ichikawa-ken.hatenablog.com