読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も日曜日

毎日日曜だったらいいな。今日も日曜の気分で綴ります。

イギリスの国民投票が木曜なのはなぜ?~答えは、しらふで選挙に行ってもらうため?

今日はついに国民投票の当日です。

こんな日に投票の行方を書くのは無粋だと思いますので、箸休め的に

“なんで国民投票は木曜日におこなわれるの?”

ということが今日のテーマです。

先に結論を言うと、分かりませんでした。

散々引っ張って、そんな結論だったら怒られちゃいそうなので先に白状しました。

 

イギリスでは、国政選挙も地方選挙も木曜日に行われます。

記憶に新しいところでは、スコットランド独立の是非を問う国民投票も2014年9月18日の木曜に行われました。

時に“スーパーサーズデイ”なんて言う人もいます。

しかし、今日は祝日なわけではなく、みんな普通に働いています。

なんで、こんな中途半端な日に選挙をやるんでしょうかね?

一応、現在は法律で総選挙は5月の第一週の木曜と定めていて、それにみんな習っているのでしょうが、なんで木曜なんでしょうね。

どうもイギリスでも、なんで木曜にやっているかはわからないみたいです。

f:id:ichikawa_ken:20160623211830p:plain

天下のBBCがこのようなツイートをしているくらいですからね。

ちなみこのツイートの下段に引用してあるBBCのサイトでも、結局この俗説を紹介しているだけです。

日曜日はキリスト教の安息日なので、日曜は投票日に設定できないのは理解できます。

(日曜日は少し前までスーパーも休みだったみたいです。今は少し早く閉まりますが、営業しています。)

加えて、土曜だと給料日の翌日だから、みんな酒飲み過ぎてべろべろで、選挙どころではないのかもしれません。笑

 

今日の国民投票の結果は、イギリス時間で6月24日午前5時頃(日本時間の24日午後1時頃)明らかになると言われています。

関係なくても、なんだかそわそわした一日です。

 

それでは、また日曜に!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

皆さまにご購読いただくのが最も励みになります。

よかったら読者登録、ツイッターのフォローをお願い致します!